平成27年2月24日付で薬価収載された医薬品一覧

平成27年2月24日付で薬価収載された品目についてまとめておこうと思います。
薬局で働く我々にとって、今回の承認の目玉となるのは、やはり新規PPIであるP-CAB タケキャブでしょうか?
※この記事に記載されている薬価は薬価収載時のものです。今後、薬価改定に伴い薬価は変更されていきますのでご了承ください。

タケキャブ錠

  • 医薬品名と薬価
    • タケキャブ錠10mg:160.10円/錠
    • タケキャブ錠20mg:240.20円/錠
  • 成分名:ボノプラザンフマル酸塩
  • 申請者:武田薬品工業
  • 効能・効果:
    • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制
    • 下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
      • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
      • 胃MALTリンパ腫
      • 特発性血小板減少性紫斑病
      • 早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃
      • ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年2月26日
  • 新医薬品の処方日数制限:あり(2016年2月末日)

※薬価は薬価収載時時点のものです

タケキャブに関しては過去の記事にまとめています。

パリエット錠5mg(規格追加)

  • 医薬品名と薬価
    • パリエット錠5mg:70.50円/錠
  • 成分名:ラベプラゾールナトリウム
  • 申請者:エーザイ
  • 効能・効果:
    • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制
    • 下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
      • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
      • 胃MALTリンパ腫
      • 特発性血小板減少性紫斑病
      • 早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃
      • ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年2月26日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制」の適応追加に伴う規格追加です。
「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制」の適応に対する用法・要領は「通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1回5mgを1日1回経口投与するが、効果不十分の場合は1回10mgを1日1回経口投与することができる。」となっています。

ジャディアンアス錠

  • 医薬品名と薬価
    • ジャディアンス錠10mg:205.50円/錠
    • ジャディアンス錠20mg:351.20円/錠
  • 成分名:エンパグリフロジン
  • 申請者:日本ベーリンガーインゲルハイム
  • 効能・効果:2型糖尿病
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年2月24日
  • 新医薬品の処方日数制限:あり(2016年2月末日)

※薬価は薬価収載時時点のものです

ジャディアンス錠については過去にまとめました。

オーファディンカプセル

  • 医薬品名と薬価
    • オーファディンカプセル2mg:3,960.60円/カプセル
    • オーファディンカプセル5mg:3,960.608,649.00円/カプセル
    • オーファディンカプセル10mg:15,768.20円/カプセル
  • 成分名:ニチシノン
  • 申請者:アステラス製薬
  • 効能・効果:高チロシン血症Ⅰ型
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年04月14日
  • 新医薬品の処方日数制限:あり(2016年2月末日)

※薬価は薬価収載時時点のものです

高チロシン血症Ⅰ型はチロシンの分解経路の最終段階にある酵素 フマリルアセト酢酸ヒドラーゼが欠損する遺伝性疾患です。
重度肝機能障害や凝固障害などの症状を引き起こします。
食事療法のみでは、疾患の進行を防ぐことが難しく、治療薬の開発が待たれていました。

ゼルボラフ錠

  • 医薬品名と薬価
    • ゼルボラフ錠240mg:4,935.50円/錠
  • 成分名:ベムラフェニブ
  • 申請者:中外製薬
  • 効能・効果:BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年2月26日
  • 新医薬品の処方日数制限:あり(2016年2月末日)

※薬価は薬価収載時時点のものです

悪性黒色腫の約50%では、BRAF遺伝子の特徴的な変異が認められ、この変異により細胞の異常増殖が引き起こされます。
ゼルボラフはBRAF遺伝子変異により生じる異常なセリン/スレオニンキナーゼを阻害することで、腫瘍細胞の増殖を抑制します。
ゼルボラフに関しては、皮膚の悪性腫瘍をはじめとする重篤な副作用が報告されているため、日本皮膚科学会等から適正使用のお願いが発行されています。

中外製薬のホームページには、適正使用ガイドが公開されています。

メチレンブルー静注

  • 医薬品名と薬価
    • メチレンブルー静注50mg「第一三共」:120,382円/管
  • 成分名:メチルチオニニウム塩化物水和物
  • 申請者:第一三共
  • 効能・効果:中毒性メトヘモグロビン血症
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年3月20日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

メトヘモグロビン血症は、体内の酸素を運ぶ赤血球のヘモグロビンが、酸素を運搬することができないメトヘモグロビンに変換されてしまう疾患です。
チアノーゼを起こす代表的な疾患でもあります。
メトヘモグロビン血症には様々な原因がありますが、適応となるのは医薬品や農薬などによる中毒性のケースです。

ビミジム点滴静注

  • 医薬品名と薬価
    • ビミジム点滴静注液5mg:129,908円/瓶
  • 成分名:エロスルファーゼアルファ(遺伝子組換え)
  • 申請者:BioMarin Pharmaceutical
  • 効能・効果:ムコ多糖症IV A型
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年4月上旬予定
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

ムコ多糖症IV A型は、骨形成に関与するムコ多糖を分解する酵素の活性が低下していることにより、正常な骨格の形成が妨げられ、呼吸不全などを引き起こす遺伝疾患。

コセンティクス皮下注

  • 医薬品名と薬価
    • コセンティクス皮下注150mgシリンジ:73,123円/瓶
    • コセンティクス皮下注用150mg:73,123円/筒
  • 成分名:セクキヌマブ(遺伝子組換え)
  • 申請者:ノバルティス ファーマ
  • 効能・効果:既存治療で効果不十分な尋常性乾癬、関節症性乾癬
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年2月27日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

インターロイキン-17Aを阻害する新規作用機序の薬剤。
レミケード(一般名:インフリキシマブ)やヒュミラ(一般名:アダリムマブ)、ステラーラ(一般名:ウステキヌマブ)と同様に、既存治療に効果不十分な中等症または重症乾癬患者への治療選択肢として期待されます。

治療用ダニアレルゲンエキス皮下注「トリイ」

  • 医薬品名と薬価
    • 治療用ダニアレルゲンエキス皮下注「トリイ」10,000JAU/mL:4,320円/瓶
    • 治療用ダニアレルゲンエキス皮下注「トリイ」100,000JAU/mL:4,320円/瓶
  • 成分名:コナヒョウヒダニエキス/ヤケヒョウヒダニエキス
  • 申請者:鳥居薬品
  • 効能・効果:ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎、気管支喘息(減感作療法)
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年4月21日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

室内塵ダニアレルギーの主要なアレルゲンとされるコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニの2種のエキスを含有。
ダニによるアレルギー性鼻炎や喘息に対する減感作療法薬で初の医薬品。

メナクトラ筋注

  • 医薬品名と薬価
    • メナクトラ筋注:19,827円/瓶
  • 成分名:4価髄膜炎菌ワクチン-ジフテリアトキソイド結合体
  • 申請者:サノフィ
  • 効能・効果:髄膜炎菌(血清型A、C、Y、W-135)による侵襲性髄膜炎菌感染症の予防
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年5月18日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

保険の適用となるのは、ソリリス点滴静注(一般名:エクリズマブ)投与者(発作性夜間ヘモグロビン尿症 ※希少難病)に限ります。
ソリリス点滴静注の投与で髄膜炎感染症を発症することがあり、その治療に用います。

イロクテイト静注用

  • 医薬品名と薬価
    • イロクテイト静注用250:26,766円/瓶
    • イロクテイト静注用500:49,637円/瓶
    • イロクテイト静注用750:71,236円/瓶
    • イロクテイト静注用1000:92,050円/瓶
    • イロクテイト静注用1500:132,105円/瓶
    • イロクテイト静注用2000:170,702円/瓶
    • イロクテイト静注用3000:244,983円/瓶
  • 成分名:エフラロクトコグ アルファ(遺伝子組換え)
  • 申請者:バイオジェン・アイデック・ジャパン
  • 効能・効果:血液凝固第VIII因子欠乏患者における出血傾向の抑制
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年5月18日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

長時間作用の血友病A患者用薬剤。
遺伝子組換えBドメイン除去型血液凝固第VIII製剤とヒト免疫グロブリンGのFc領域の融合蛋白質で、消失半減期が延長した長時間作用型血液凝固第VIII因子製剤となります。
定期的に投与する場合、週2回投与から開始し、患者の状態に応じて3~5日間の範囲で適宜調節し、週1回投与が可能な場合もあります。

ベピオゲル

  • 医薬品名と薬価
    • ベピオゲル2.5%:120.90円/g
  • 成分名:過酸化ベンゾイル
  • 申請者:マルホ
  • 効能・効果:尋常性ざ瘡
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年4月1日
  • 新医薬品の処方日数制限:あり(2016年2月末日)

※薬価は薬価収載時時点のものです

過酸化ベンゾイルを用いた初の外用にきび治療薬。
これまではダラシンTゲルやアクアチムクリーム、ディフェリンゲルをに用いていたきび治療の新たな選択肢となります。
ですが、過酸化ベンゾイルにクリンダマイシンリン酸エステル水和物を加えた配合外用剤であるデュアック配合ゲルが承認待ちとなっています。(デュアックは2015年3月26日に承認されました)

ロゼックスゲル

  • 医薬品名と薬価
    • ロゼックスゲル0.75%:101.40円/g
  • 成分名:メトロニダゾール
  • 申請者:ガルデルマ
  • 効能・効果:がん性皮膚潰瘍部位の殺菌、臭気の軽減
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年5月11日
  • 新医薬品の処方日数制限:あり(2016年2月末日)

※薬価は薬価収載時時点のものです

ロゼックスゲルに関しては別の記事に詳しくまとめています。

スクラッチダニアレルゲンエキス「トリイ」

  • 医薬品名と薬価
    • スクラッチダニアレルゲンエキス「トリイ」100,000JAU/mL:7,966円/瓶
  • 成分名:ダニ[ダニ種:コナヒョウヒダニ Dermatophagoides farinae]
  • 申請者:鳥居薬品
  • 効能・効果:アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 製造販売承認日:2014年12月26日
  • 発売日:2015年4月21日
  • 新医薬品の処方日数制限:なし

※薬価は薬価収載時時点のものです

ダニアレルギーの確定診断用医薬品です。

ぺんぎん薬剤師の勉強法

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは大変です。使わない知識を留めておくには記憶力を必要としますし、日々の勉強のモチベーションを維持するのも大変です。

そのため、生活の一部のなかに新しい知識に触れることを取り入れ、習慣化することが大切になります。濃い知識を一気に取り入れるのではなく、薄い知識を毎日継続して取り入れるのです。それを積み重ねていくことで、自然と少しずつ自分の力として身についていきます。

そのための方法の一つとしてm3.comへの登録を提案します。

m3.comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。日々配信されるメールのタイトルを見るだけでも知識が身についていきます。
また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。皆さん、暇つぶしにスマホでyahoo!ニュースとかスマートニュースとかを見てる時間がありますよね?同じように暇つぶしにm3.comのアプリで医療ニュースを見るようになってください。

多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。

薬剤師用の掲示板もあるので様々な薬剤師の方々に質問、相談をしたり、情報共有を行うことも可能です。さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。毎日サイトにログインしたり動画を閲覧することでポイントをためてプレゼントをもらうこともできるので勉強にやる気を持つことができますし、確実に無理なく勉強を習慣づけるのに最適です。

登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。すでに登録している人も多いと思いますが、登録したまま利用していない方はまずはログインしてメルマガの閲覧を習慣化すること。これを知識を身につける第一歩にしてみてください。

m3.comはよく知ってるし、もっといろんなサイトに登録したり閲覧したりしているよ!って人も多いんじゃないかと思いますが、情報が散漫にんなっていませんか?まずは一つのサイトを隅から隅まで徹底的に活用してみることが大事ですよ。

最新情報をチェックしよう!