【CF包装から】クレストールの包装変更【PTP包装】

2015年8月に作成した記事です。
旧包装を知らない薬剤師も増えていますね〜。

アストラゼネカのMRさんから「もうご存知かもしれませんが・・・」と渡されたのはクレストールのPTP包装への変更案内でした。
この包装変更の情報、聞かれた方はみなさん喜んだんじゃないでしょうか?

 

クレストールの包装変更

クレストールは元々CF包装でしたが、PTP包装に変更されました。

クレストールがCF包装だった理由

クレストールの旧包装はコールドフォーム包装(CF包装)でした。
両側をアルミで包むCF包装のメリットは遮光性に加えて吸湿を防ぐことです。

クレストール発売当初は吸湿性のデータがはっきりしてなかったのではないかと思われます。
添付文書には「吸湿性を有するのでPTP包装のまま保存すること」と記載されていました。(PTP包装のままという記載が紛らわしいですが正確にはAL/ALのCF包装でした)
吸湿性のためかクレストールは発売当初はバラは存在していませんでしたが、その後記載はなくなりバラ錠も発売されています。
そのときの改訂理由が、「無包装状態における安定性データ(30℃/75%相対湿度の条件下)により、 3ヵ月まで安定であることが確認されたため」なので、改訂後は一包化しても問題ないことがわかります。
ですが、包装については変更されずCF包装のままでした。

クレストールの新包装

今回、新しい包装はアルミではなく、ポリプロピレンを用いたPTP包装になります。
つまり、他の一般的な薬剤と同じように表が透明で中身が見えるやつです。
これで錠剤を取り出さなくても中の錠剤が確認できます。
CF包装だと中身が見えなかったので初めて飲む人は包装が大きいから中身の錠剤も大きいんじゃないかと不安になる場合があったんですよねー。(包装に対して錠剤は小さい)
また、アルミで作られているCF包装は硬いため、中の錠剤が出しにくいということがありましたが、それも解消されます。
また、CF包装のもうひとつの欠点である大きさの問題。
PTPになることでシートのサイズも小さくなります。
変更前後の写真がこちらです。↓
f:id:pkoudai:20150824144810j:plain

10月中旬くらいから流通開始のようです。
個人的には早く切り替わって欲しいですねー。

ぺんぎん薬剤師の勉強法

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは大変です。使わない知識を留めておくには記憶力を必要としますし、日々の勉強のモチベーションを維持するのも大変です。

そのため、生活の一部のなかに新しい知識に触れることを取り入れ、習慣化することが大切になります。濃い知識を一気に取り入れるのではなく、薄い知識を毎日継続して取り入れるのです。それを積み重ねていくことで、自然と少しずつ自分の力として身についていきます。

そのための方法の一つとしてm3.comへの登録を提案します。

m3.comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。日々配信されるメールのタイトルを見るだけでも知識が身についていきます。
また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。皆さん、暇つぶしにスマホでyahoo!ニュースとかスマートニュースとかを見てる時間がありますよね?同じように暇つぶしにm3.comのアプリで医療ニュースを見るようになってください。

多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。

薬剤師用の掲示板もあるので様々な薬剤師の方々に質問、相談をしたり、情報共有を行うことも可能です。さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。毎日サイトにログインしたり動画を閲覧することでポイントをためてプレゼントをもらうこともできるので勉強にやる気を持つことができますし、確実に無理なく勉強を習慣づけるのに最適です。

登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。すでに登録している人も多いと思いますが、登録したまま利用していない方はまずはログインしてメルマガの閲覧を習慣化すること。これを知識を身につける第一歩にしてみてください。

m3.comはよく知ってるし、もっといろんなサイトに登録したり閲覧したりしているよ!って人も多いんじゃないかと思いますが、情報が散漫にんなっていませんか?まずは一つのサイトを隅から隅まで徹底的に活用してみることが大事ですよ。

最新情報をチェックしよう!