ラベキュア/ラベファイン

ついに・・・というか、やっと。
やっとランサップ/ランピオン以外のピロリ除菌のパック製剤が発売されます。
タケプロンを擁する武田薬品がランサップを販売したのが2002年。
二次除菌に対するランピオンを販売したのが2010年。
そして2013年、エーザイがラベキュア、ラベファインを発売です。

ラベキュアがピロリ一次除菌、ラベファインが二次除菌です。
内容はランサップ/ランピオンとほぼ同じです。
ランサップ/ランピオンがPPIにランソプラゾール(商品名:タケプロン)を用いているのに対し、ラベキュア/ラベファインはPPIにラベプラゾール(商品名:パリエット)を使用しています。
ちなみにアモキシシリンとして使用している商品も異なります。
ランサップ/ランピオンがアモリンカプセル、ラベキュア/ラベファインがサワシリン錠です。
ちなみにラベキュアもランサップと同様、クラリスロマイシンの量により400、800の製剤が作られます。

最大の特徴はPPIにラベプラゾールを採用していることでしょう。
国内で使用されるPPIには、オメプラゾール(先発医薬品名:オメプラール/オメプラゾン)、ランソプラゾール(先発医薬品名:タケプロン)、ラベプラゾール(先発医薬品名:パリエット)、エソメプラゾール(商品名:ネキシウム)があります。
まあ、簡単に言うとラベプラゾールが一番強いんです。
強いけど高い、それがラベプラゾール(というかパリエット)のイメージです。

じゃあ、なぜ強いか?
一つは薬物代謝酵素チトクロムP450が関わっています。
ほとんどのPPIはCYP2C19により代謝を受け分解されます。
日本人のうち15%くらいはこのCYP2C19の活性が非常に低く(Poor Metabolizer:PM)、35%は逆に活性が非常に高い(Rapid Metablizer:RM)ということが知られています。
つまり、15%の人(PM)には普通よりよく効きき、35%の人(RM)には効きが悪いということになります。
ラベプラゾールの代謝の主経路はCYP2C19によるものではなく、非酵素的なものです。
ということで、ラベプラゾールはCYP2C19の遺伝子多型に関わらず効果を発揮することが可能です。
(これはオメプラゾールのS体のみを抽出したネキシウムの売り文句でもありますね。)

もう一つは、壁細胞における活性化です。
PPIは体内に吸収された後、壁細胞から分泌、高濃度水素イオンに接することでPPI活性を発揮できるようになります。
ラベプラゾールの特徴として、低濃度の水素イオン下でもPPI活性を発揮することができます。

以上二つの特徴を併せ持つということでラベプラゾールは最強の胃酸抑制作用を発揮しているというわけです。

ある研究でCYP2C19の遺伝子多型とピロリ菌の一次除菌の成功率を比較しています。
その結果、RMでは74.5%しか成功しなかったのに対し、PMでは98.0%の成功という結果になっています。
このことからもCYP2C19の影響が少ないこと、胃酸分泌抑制作用が強いことが除菌の成功率に影響することがわかります。
もちろん、あらかじめPMとわかっていればラベプラゾールよりもランソプラゾールの方がいいのかもしれませんが、何もわからない状態であればラベプラゾールを選択することで成功率を上がると予想されます。
実際、ランソプラゾールを用いた場合よりもラベプラゾールを用いた方が成功率が高いようですし、三次除菌(シタフロキサシンを使用)ではラベプラゾールがスタンダードです。

ちなみにラベプラゾールのジェネリックでもいいのか?という話ですが。
PPIは腸溶性の製剤がほとんどなので、そこがしっかりしていないと効果も・・・。
ということで、そのへんが確認できているメーカーにした方が良さそうです。

以前、パリエット・サワシリン錠・クラリスという処方を見て、「何でランサップを使わないんだろう。エーザイ好きな先生なのかな?」というつぶやきを見かけたことがありますが、コラコラコラ!と言うわけです。(笑)

ということで、個人的にはラベキュア/ラベファインは大歓迎です。
アモキシシリンが錠剤ってのも飲みやすくていいかもしれませんね。
ランサップ/ランピオンに比べて薬価が高くなるとは思いますが、一週間だけの話なので、確実に除菌できる方が医療費的にはいいんじゃないかと。

と言っても、PPIはすべてラベプラゾールという考えではないのであしからず。
PPIの乱用はあまりいいとは思いません。
どのPPIにしても胃酸分泌抑制という意味では強力過ぎて、胃腸環境を変化させ過ぎてしまうと思っているので。
某ランソプラゾールのメーカーはPPIを幅広く使用する方向に進んでいる気がしますが、ラベプラゾールのメーカーさんは使うポイントを絞ってPPI!という方向に進んでくれるといいな・・・と思います。

これでわかるピロリ除菌療法と保険適用―ガイドラインに基づく活用法

これでわかるピロリ除菌療法と保険適用―ガイドラインに基づく活用法

ぺんぎん薬剤師の勉強法

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは大変です。使わない知識を留めておくには記憶力を必要としますし、日々の勉強のモチベーションを維持するのも大変です。

そのため、生活の一部のなかに新しい知識に触れることを取り入れ、習慣化することが大切になります。濃い知識を一気に取り入れるのではなく、薄い知識を毎日継続して取り入れるのです。それを積み重ねていくことで、自然と少しずつ自分の力として身についていきます。

そのための方法の一つとしてm3.comへの登録を提案します。

m3.comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。日々配信されるメールのタイトルを見るだけでも知識が身についていきます。
また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。皆さん、暇つぶしにスマホでyahoo!ニュースとかスマートニュースとかを見てる時間がありますよね?同じように暇つぶしにm3.comのアプリで医療ニュースを見るようになってください。

多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。

薬剤師用の掲示板もあるので様々な薬剤師の方々に質問、相談をしたり、情報共有を行うことも可能です。さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。毎日サイトにログインしたり動画を閲覧することでポイントをためてプレゼントをもらうこともできるので勉強にやる気を持つことができますし、確実に無理なく勉強を習慣づけるのに最適です。

登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。すでに登録している人も多いと思いますが、登録したまま利用していない方はまずはログインしてメルマガの閲覧を習慣化すること。これを知識を身につける第一歩にしてみてください。

m3.comはよく知ってるし、もっといろんなサイトに登録したり閲覧したりしているよ!って人も多いんじゃないかと思いますが、情報が散漫にんなっていませんか?まずは一つのサイトを隅から隅まで徹底的に活用してみることが大事ですよ。

最新情報をチェックしよう!