アイミクス配合錠

今日は薬局でアイミクス配合錠の勉強会でした。
大日本住友と塩野義の併売(一銘柄)ですが、勉強会は塩野義さんにお願いしました。

イルベサルタン(商品名:アバプロ/イルベタン)とアムロジピン(商品名:アムロジン/ノルバスク)の配合剤です。

アムロジピンは言わずと知れたカルシウム拮抗薬のエース。
イルベサルタンは強くて(オルメサルタンに次いで二番目)作用が長くて(ミカルディスに次いで二番目)、
腎保護のエビデンスをもつ(腎臓移行性は一番)ARB。

イルベサルタンは100mgで固定、アムロジピンは5mgと10mgの高用量。
アイミクス配合錠LDがイルベサルタン100mg+アムロジピン5mg
アイミクス配合錠HDがイルベサルタン100mg+アムロジピン10mg

アイミクスの名前の由来は、
ア(ムロジピン) イ(ルベサルタン) ミ(ッ)クス
だそうです。
てっきり、イルベサルタンのI(アイ)だと思ってたら、
アムロジピンとイルベサルタンでした。

パッケージは塩野義のものもめっちゃ大日本住友っぽいです。

特徴としては作用の強さ。
ARBとCCBの配合剤で唯一アムロジピン10mgが採用されています。

データとしてアムロジピン5mgまたはイルベサルタン100mgをアイミクスLDに、
また、アムロジピン10mgをアイミクスHDに変更することで有意に降圧しましたよ、と。
まあ、そりゃそうですね。
イルベサルタンが追加になることで尿中アルブミンが低下するのも当たり前だよなあ…。

腎臓移行性の高いイルベサルタン。
腎保護作用が強いことはよく知っているのでもっとそれを活かしたデータが欲しいところ。
糖尿病性腎症の適応も今のところ取得予定はないようです。
糖尿病専門医からも処方ではイルベサルタンが増えている気がするんだけどなあ。

不勉強のため今日初めて知ったんですが、
イルベサルタンにも尿酸低下作用があるんですね。
イルベサルタンはURAT1/URATv1の二つのトランスポーターに作用し、尿酸を低下させるそうです。
でも、尿酸低下作用はロサルタン(商品名:ニューロタン)には及ばないとか。
ロサルタンはユリノームと同じくURAT1のみに作用なんですが、結号率の差なんでしょうか?

あとはアムロジピン…というよりCCBによる浮腫はイルベサルタン…というよりARBがカバーしてくれるってデータもありましたね。

発売は11月下旬以降。
薬価はアバプロ/イルベタンの薬価とアムロジンの薬価を足したものの8割なんで今までの配合剤より高め。
これはアムロジン販売メーカーである大日本住友が製造するためだそうです。
(他メーカーはアムロジピンは後発医薬品扱い)
うーん。

この組み合わせだからこれがいい!
ってのがあればいいのにってには欲張りすぎなんでしょうか?
配合剤があることでイルベサルタンを使おうって言う選択肢が増えるのはわかるのですが、
それだけでは寂しい気がするのです。
まあ、配合剤ってのはそういうものだと言われればそれまでなんですけどね。
後発だけにプラスαを期待してしまいます。

ちなみに、イルベサルタンとトリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)の合剤は来年登場予定だそうです。
これももっと早ければなあ…。
でも、けっこう期待しています。

 

以下、2012.12.19追記
アイミクス発売されましたね。
塩野義と大日本住友、それぞれが販売するのはいいんですが…。
ヒートのデザインが違う…。
メーカー名だけなんですが。
完全に同じにして欲しかったなあ。

written by iHatenaSync

ぺんぎん薬剤師の勉強法

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは大変です。使わない知識を留めておくには記憶力を必要としますし、日々の勉強のモチベーションを維持するのも大変です。

そのため、生活の一部のなかに新しい知識に触れることを取り入れ、習慣化することが大切になります。濃い知識を一気に取り入れるのではなく、薄い知識を毎日継続して取り入れるのです。それを積み重ねていくことで、自然と少しずつ自分の力として身についていきます。

そのための方法の一つとしてm3.comへの登録を提案します。

m3.comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。日々配信されるメールのタイトルを見るだけでも知識が身についていきます。
また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。皆さん、暇つぶしにスマホでyahoo!ニュースとかスマートニュースとかを見てる時間がありますよね?同じように暇つぶしにm3.comのアプリで医療ニュースを見るようになってください。

多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。

薬剤師用の掲示板もあるので様々な薬剤師の方々に質問、相談をしたり、情報共有を行うことも可能です。さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。毎日サイトにログインしたり動画を閲覧することでポイントをためてプレゼントをもらうこともできるので勉強にやる気を持つことができますし、確実に無理なく勉強を習慣づけるのに最適です。

登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。すでに登録している人も多いと思いますが、登録したまま利用していない方はまずはログインしてメルマガの閲覧を習慣化すること。これを知識を身につける第一歩にしてみてください。

m3.comはよく知ってるし、もっといろんなサイトに登録したり閲覧したりしているよ!って人も多いんじゃないかと思いますが、情報が散漫にんなっていませんか?まずは一つのサイトを隅から隅まで徹底的に活用してみることが大事ですよ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!