新医薬品の処方日数制限一覧

新薬の投与日数制限(処方日数)についてのまとめとその一覧です。

2021年12月1日にエクロックゲル5%、エナロイ錠2mg/4mg、ジセレカ錠100mg/200mg、ゼジューラカプセル100mg、リベルサス錠3mg/7mg/14mgの投与制限が解除されました。

2022年4月20日に薬価収載された医薬品のうち、ラピフォートワイプ2.5%、リフヌア錠45mg、ルマケラス錠120mg、レイボー錠50mg/100mgが処方日数制限の対象となっています。

2022年5月1日にアルンブリグ錠30mg/90mg、エドルミズ錠50mg、オラデオカプセル150mg、カルケンスカプセル100mg、マスーレッド錠5mg/12.5mg/25mg/75mgの投与制限が解除されました。

2022年5月25日に薬価収載された医薬品のうち、カログラ錠120mg、ケレンディア錠10mg/20mg、ジスバルカプセル40mg、セムブリックス錠20mg/40mg、タブネオスカプセル10mg、モイゼルト軟膏0.3%/1%が処方日数制限の対象となっています。

2022年6月1日にイスツリサ錠1mg/5mg、ヴァイトラックビカプセル25mg/100mg/内用液20mg/mL、ジクトルテープ75mg、ペマジール錠4.5mgの投与制限が解除されました。

目次

新薬の投与(処方)日数制限

療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等」の中で、新医薬品の投薬期間は1回14日分を限度とされています。

第十 厚生労働大臣が定める注射薬等
二 投薬期間に上限が設けられている医薬品
ハ 新医薬品(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)第十四条の四第一項第一号に規定する新医薬品をいう。)であって、使用薬剤の薬価(薬価基準)への収載の日の属する月の翌月の初日から起算して一年(厚生労働大臣が指定するものにあっては、厚生労働大臣が指定する期間)を経過していないもの(次に掲げるものを除く。)

投与日数制限は薬価基準収載の翌月から一年間と決められてます。

処方日数制限を超して処方可能なケース

旅程その他の事情を考慮し、必要最低限の範囲において、1回30日分を限度として投与してさし支えないもとのする。

厚生労働省保険局医療課長通知保医発第0404001号(平成14年4月4日付)

上に示す通知に記載されている通り、「旅程その他の事情」がある場合、「必要最低限の範囲において、1回30日分を限度」として長期投与が可能となっています。

具体的には、以下の場合についてです。

  • 長期休暇
    • ゴールデンウィーク
    • 年末年始
  • 海外渡航

これらにあてはまる場合、14日分の投与制限のある医薬品について、30日分を限度として必要最小限の範囲での投与が可能となっています。
なお、お盆休みは法定休暇ではないので長期休暇の対象にはなりません
また、長期休暇の理由で日数制限を解除できるのは、14日後が休みにかかる場合のみとなっています。
例えば12月の上旬に「長期休暇のため」日数制限を免除することはできないということです。

旅程その他の事情を理由に長期投与を行う場合

  • 30日分を越すことはできない
  • お盆休みは対象外
  • 14日後が受診不可の場合に長期投与可能
子ぺんぎん(ジェンツー)
たまに30日分の薬を35日分で出そうとする処方を見ることがありますが、ダメです!

投与期間に上限のある薬を長期投与する場合のレセプト記載

「旅程その他の事情」を理由に長期投与を行う場合、その理由をレセプト*1の摘要欄に記載する必要があります。

項番14 長期の旅行等特殊の事情がある場合に、日数制限を超えて投与された場合
長期の旅行等特殊の事情がある場合において、必要があると認められ、投薬量が1回14日分を限度とされる内服薬及び外用薬であって14日を超えて投与された場合は、処方箋の備考欄に記載されている長期投与の理由を転記すること。

保医発第5号「診療報酬請求書等の記載要領等について」等の一部改正について(平成30年3月26日)

具体的には、

  • 「長期連休のため長期投与」
  • 「年末年始のため長期投与」
  • 「海外渡航のため長期投与」

のようにレセプト適応欄に理由を記載します。

新医薬品の処方日数制限の例外となる医薬品

下記のとおり、一部の条件にあてはまるものについては新医薬品の処方日数制限の例外として扱われます。

新医薬品については、薬価基準収載の翌月の初日から1年間は、原則、1回14日分を限度として投与することとされているところである。しかしながら、当該処方日数制限を行うことが不合理と考えられる下記のような場合は例外的な取扱いとする。

  1. 同様の効能・効果、用法・用量の既収載品の組合せと考えられる新医療用配合剤など、有効成分にかかる効能・効果、用法・用量について、実質的に、既収載品によって1年以上の臨床使用経験があると認められる新医薬品については、新医薬品に係る処方日数制限を設けないこととする。
  2. 疾患の特性や、含有量が14日分を超える製剤のみが存在しているといった製剤上の特性から、1回の投薬期間が14日を超えることに合理性があり、かつ、投与初期から14日を超える投薬における安全性が確認されている新医薬品については、薬価基準収載の翌月から1年間は、処方日数制限を、製剤の用法・用量から得られる最少日数に応じた日数とする。
  3. 例外的な取扱いとする新医薬品は、個別に中医協の確認を得ることとする。

新医薬品の処方日数制限の取扱いについて(案) 平成22年10月27日中医協了承

具体的には以下のようなものが該当します。

  • 新医療用配合剤(有効成分にかかる効能・効果、用法・用量が同じもの)
  • 抗HIV薬(市販後は原則として全例調査が義務づけられているため)

また、例外中の例外として以下のようなケースもありました。

  • ソバルディ錠:包装単位が28錠入りの瓶のみ、開封後は45日間しか品質が保証されないため
  • ハーボニー配合錠:同上
  • エブリスディドライシロップ60mg:遮光保存であり、催奇形性リスクがあることから、小分けせず60mg1瓶のまま投薬することになるが、用法用量上、約17kg以下の患者では14日間で使い切ることができないため

新医薬品の処方日数制限一覧

記事を更新した段階で処方日数制限の対象となっている新医薬品の一覧に加えて、その半年以内に解除されたものについての一覧をまとめます。

投与制限解除済のもの

過去に投与制限が解除されたものです。

解除済:2022年6月1日(令和4年6月1日)に長期処方が解禁された医薬品

  • イスツリサ錠1mg/5mg
  • ヴァイトラックビカプセル25mg/100mg/内用液20mg/mL
  • ジクトルテープ75mg
  • ペマジール錠4.5mg

※2021年5月19日に薬価収載されたもの

解除済:2022年5月1日(令和4年5月1日)に長期処方が解禁された医薬品

  • アルンブリグ錠30mg/90mg
  • エドルミズ錠50mg
  • オラデオカプセル150mg
  • カルケンスカプセル100mg
  • マスーレッド錠5mg/12.5mg/25mg/75mg

※2021年4月21日に薬価収載されたもの

2021年に(令和3年)に長期処方が解禁された医薬品

昨年のものは非表示にしています。
必要に応じてクリックで展開して表示してください。

2021年(令和3年)長期処方解禁
解除済:2021年5月1日(令和3年5月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • コレクチム軟膏0.5%
  • デエビゴ錠2.5mg/5mg/10mg
  • ニュベクオ錠300mg
  • ノクサフィル錠100mg
  • ユリス錠0.5mg/1mg/2mg
  • リンヴォック錠7.5mg/15mg
解除済:2021年6月1日(令和3年6月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • オゼンピック皮下注0.25mgSD/0.5mgSD/1.0mgSD
  • カボメティクス錠20mg/60mg
  • テプミトコ錠250mg
  • ベレキシブル錠80mg
  • メラトベル顆粒小児用0.2%
  • ラツーダ錠20mg/錠40mg/錠60mg/80mg
  • ルムジェブ注100単位/mL
  • ルムジェブ注カート
  • ルムジェブ注ミリオペン
  • ルムジェブ注ミリオペンHD
  • ロケルマ懸濁用散分包5g/10g

※同時に薬価収載されたもののうちキャブピリン配合錠、ソリクア配合注ソロスター、 アイラミド配合懸濁性点眼液は新薬の投与日数制限の対象外

解除済:2021年9月1日(令和3年9月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • アテキュラ吸入用カプセル低用量/中用量/高用量
  • エナジア吸入用カプセル中用量/高用量
  • エンスプリング皮下注120mgシリンジ
  • エンレスト錠50mg/100mg/200mg
  • オンジェンティス錠25mg
  • ダーブロック錠1mg/2mg/4mg/6mg
  • タブレクタ錠150mg/200mg
  • バフセオ錠150mg/300mg
  • メーゼント錠0.25mg/2mg
解除済:2021年12月1日(令和3年12月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • エクロックゲル5%
  • エナロイ錠2mg/4mg
  • ジセレカ錠100mg/200mg
  • ゼジューラカプセル100mg
  • リベルサス錠3mg/7mg/14mg

 

2020年に(令和2年)に長期処方が解禁された医薬品

昨年のものは非表示にしています。
必要に応じてクリックで展開して表示してください。

2020年(令和2年)長期処方解禁
解除済:2020年3月1日(令和2年3月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • エプクルーサ配合錠
  • セリンクロ錠10mg
  • タリージェ錠2.5mg/5mg/10mg/15mg
  • デムサーカプセル250mg
  • ビジンプロ錠15mg/45mg
  • ビラフトビカプセル50mg
  • ミネブロ錠1.25mg/2.5mg/5mg
  • メクトビ錠15mg
  • レルミナ錠40mg
解除済:2020年6月1日(令和2年6月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • アーリーダ錠60mg
  • スマイラフ錠50mg/100mg
  • ビバンセカプセル20mg/30mg

※同時に薬価収載されたもののうちロスーゼット配合錠LD/HD、テリルジーエリプタ14吸入/30吸入は新薬の投与日数制限の対象外

解除済:2020年10月1日(令和2年10月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • アジマイシン点眼液1%
  • ゾルトファイ配合注フレックスタッチ
  • ビベスピエアロスフィア28吸入
  • ビレーズトリエアロスフィア56吸入
  • ミニリンメルトOD錠25µg/50µg
  • ロズリートレクカプセル100mg/200mg
  • ロナセンテープ20mg/30mg/40mg
解除済:2020年12月1日(令和2年12月1日)に長期処方が解禁された医薬品
  • エクフィナ錠50mg
  • エベレンゾ錠20mg/50mg/100mg
  • コララン錠2.5mg/5mg/7.5mg
  • トリンテリックス錠10mg/20mg
  • ハルロピテープ8mg/16mg/24mg/32/mg/40mg
  • フィアスプ注100単位/mL
  • フィアスプ注フレックスタッチ
  • フィアスプ注ペンフィル
  • ベネクレクスタ錠10mg/50mg/100mg
  • ラスビック錠75mg

※同時に薬価収載されたもののうちアイベータ配合点眼液は新薬の投与日数制限の対象外

新医薬品の処方日数制限の対象となっている医薬品一覧(解除月ごと)

投与制限解除が近いものから順番に列挙します。

2022年9月1日(令和4年9月1日)に長期処方が解禁される医薬品

  • ベリキューボ錠2.5mg/5mg/10mg
  • ツイミーグ錠500mg
  • タズベリク錠200mg
  • ハイヤスタ錠10mg
  • レベスティブ皮下注用3.8mg

※同時に薬価収載されたもののうちエブリスディドライシロップ60mgは新薬の投与日数制限の対象外
※2021年8月12日に薬価収載されたもの

2022年12月1日(令和4年12月1日)に長期処方が解禁される医薬品

  • ビンマックカプセル61mg
  • エフメノカプセル100mg
  • リンヴォック錠30mg
  • レットヴィモカプセル40mg/80mg
  • サイバインコ錠50mg/100mg/200mg<
  • ソグルーヤ皮下注5mg/10mg

※2021年11月25日に薬価収載されたもの

2023年5月1日(令和5年5月1日)に長期処方が解禁される医薬品

  • レイボー錠50mg/100mg
  • リフヌア錠45mg
  • ルマケラス錠120mg
  • ラピフォートワイプ2.5%

※2022年4月20日に薬価収載されたもの

2023年6月1日(令和5年6月1日)に長期処方が解禁される医薬品

  • カログラ錠120mg
  • ケレンディア錠10mg/20mg
  • ジスバルカプセル40mg
  • セムブリックス錠20mg/40mg
  • タブネオスカプセル10mg
  • モイゼルト軟膏0.3%/1%

※2022年5月25日に薬価収載されたもの

新医薬品の処方日数制限の対象となっている医薬品一覧(五十音順)

解除月ではなく医薬品名の五十音順に並べます。

索引医薬品名解除月
エフメノカプセル100mg2022年12月1日
(令和4年12月1日)
カログラ錠120mg2023年6月1日
(令和5年6月1日)
ケレンディア錠10mg/20mg2023年6月1日
(令和5年6月1日)
サイバインコ錠50mg/100mg/200mg2022年12月1日
(令和4年12月1日)
ジスバルカプセル40mg2023年6月1日
(令和5年6月1日)
セムブリックス錠20mg/40mg2023年6月1日
(令和5年6月1日)
ソグルーヤ皮下注5mg/10mg2022年12月1日
(令和4年12月1日)
タズベリク錠200mg2022年9月1日
(令和4年9月1日)
タブネオスカプセル10mg2023年6月1日
(令和5年6月1日)
ツイミーグ錠500mg2022年9月1日
(令和4年9月1日)
ハイヤスタ錠10mg2022年9月1日
(令和4年9月1日)
ビンマックカプセル61mg2022年12月1日
(令和4年12月1日)
ベリキューボ錠2.5mg/5mg/10mg2022年9月1日
(令和4年9月1日)
モイゼルト軟膏0.3%/1%2023年6月1日
(令和5年6月1日)
ラピフォートワイプ2.5%2023年5月1日
(令和5年5月1日)
リフヌア錠45mg2023年5月1日
(令和5年5月1日)
リンヴォック錠30mg2022年12月1日
(令和4年12月1日)
ルマケラス錠120mg2023年5月1日
(令和5年5月1日)
レイボー錠50mg/100mg2023年5月1日
(令和5年5月1日)
レットヴィモカプセル40mg/80mg2022年12月1日
(令和4年12月1日)
レベスティブ皮下注用3.8mg2022年9月1日
(令和4年9月1日)

*1:調剤報酬明細書

ぺんぎん薬剤師の勉強法

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは大変です。使わない知識を留めておくには記憶力を必要としますし、日々の勉強のモチベーションを維持するのも大変です。

そのため、生活の一部のなかに新しい知識に触れることを取り入れ、習慣化することが大切になります。濃い知識を一気に取り入れるのではなく、薄い知識を毎日継続して取り入れるのです。それを積み重ねていくことで、自然と少しずつ自分の力として身についていきます。

m3.comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。日々配信されるメールのタイトルを見るだけでも知識が身についていきます。
また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。皆さん、暇つぶしにスマホでyahoo!ニュースとかスマートニュースとかを見てる時間がありますよね?同じように暇つぶしにm3.comのアプリで医療ニュースを見るようになってください。

多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。

薬剤師用の掲示板もあるので様々な薬剤師の方々に質問、相談をしたり、情報共有を行うことも可能です。さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。毎日サイトにログインしたり動画を閲覧することでポイントをためてプレゼントをもらうこともできるので勉強にやる気を持つことができますし、確実に無理なく勉強を習慣づけるのに最適です。

最新情報をチェックしよう!