【脂質異常症】失われし後発医薬品名【ジェネリックのブランド名】

少し前に書かせていただいた製造中止になった医薬品の記録記事。

関連記事

様々な理由で製造中止となった医薬品等の記録です。現在は販売中止となっていますが、多くの人々の健康に寄与してくれた薬達です。簡単なデータと紹介文でまとめていきます。(随時更新予定)薬の記憶を後世に残すためにとまあ大袈裟なこ[…]

twitterで色んな方から情報をいただく中で、後発医薬品の名前についてのリクエストも多くありました。
当初は後発医薬品まで手を出すとキリがないのでやめようと思っていたのですが、たしかに懐かしい名前がたくさんある・・・。
ということで、少しずつではありますが、疾患ごとにまとめていこうと考えています。

後発医薬品のブランド名

現在でこそ、後発医薬品の名称は「一般的名称+屋号(製造販売会社名)」となっていますが、以前は各社で自由にブランド名をつけていました。
一般的名称を用いるようになったのは平成17年9月22日の「医療用後発医薬品の承認申請にあたっての販売名の命名に関する留意事項について」(薬食審査発第0922001号)が通知されてからのことです。

1.一般的名称を基本とした販売名を命名する際の取扱い
製造販売承認のための承認申請書の名称欄の記載に関し、以下に留意の上、製造販売会社名が明確に判別できるようにした上で、原則として、含有する有効成分に係る一般的名称を基本とした記載とすること。なお、本取扱いは、原則として、単一の有効成分からなる品目に適用されるものであること。
医療用後発医薬品の承認申請にあたっての販売名の命名に関する留意事項について(薬食審査発第0922001号)

後発医薬品の使用量が増えていく中で医療事故を防ぐために必要な取り組みですね。

それ以降、新規で製造承認を申請する場合は「一般的名称+屋号(製造販売会社名)」の名称となっています。
また、これに合わせる形で先発医薬品の存在する後発医薬品のブランド名から一般的名称への変更が進められており、平成29年6月30日の「医療用後発医薬品の販売名の一般的名称への変更に係る代替新規承認申請の取扱いについて」(医政経発0630第1号、薬生薬審発0630第5号、薬生安発0630第1号)の通知では平成32年9月までに後発医薬品の使用割合を80%を達成するとともに、先発医薬品の存在する医療用後発医薬品の一般的名称への販売名変更についても3年以内を目途に対応の必要があるとされました。

目標とされる平成32年9月まではまだ期間がありますが、後発医薬品のブランド名から一般的名称への変更は随分と進んでいると思います。
そこで、この記事では昔を懐かしむため(?)に後発医薬品のブランド名についてまとめていきたいと思います。
そのために古文書(笑)も手にいれました。

一つの記事でまとめようとするとあまりに莫大な量になってしまうので、疾患別にまとめていこうと思います。

脂質異常症(高脂血症)治療薬の後発医薬品ブランド名

第一回は脂質異常症関連薬の後発医薬品ブランド名についてまとめたいと思います。
理由は昔勤務していた薬局で使用していたアルセチン(大洋薬品)の名前を古文書を見るまで思い出せなかったから。
思い出せてスッキリしたついでです。

HMG-Coa還元酵素阻害薬(スタチン系薬)

やっぱり最初はスタチンですよね。
特にメバロチン(プラバスタチンナトリウム)のジェネリックは様々なブランド名がありました。
今思うと、調剤過誤や処方間違いの原因にもなりますし、お薬手帳等で併用を確認したときにもさっぱりですね。

メバロチンのGEブランド名

まずはスタチンの元祖メバロチンの後発医薬品ブランド名から見ていきましょう。
ちなみに、メバロチンには剤形違いのオリピス内服液(日医工ファーマ)が存在しましたが販売中止(経過措置満了:2011年3月31日)となっています。
成分名:プラバスタチンナトリウム

  • アルセチン(大洋薬品工業)→プラバスタチンナトリウム「テバ」(武田テバファーマ)
  • コレリット(扶桑薬品)→プラバスタチンNa「フソー」
  • タツプラミン(辰巳化学)→プラバスタチンNa「TCK」
  • プラバスタン(日本薬品工業)→プラバスタチンNa「ケミファ」
  • プラバチン(沢井製薬)→プラバスタチンNa「サワイ」
  • プラバピーク(東洋ファルマー)→プラバスタチンNa「杏林」(キョーリンリメディオ)
  • プラバメイト(大原薬品工業)→プラバスタチンNa「オーハラ」
  • プラバロン(ダイト)→販売中
  • プラメバン(小林薬品工業)→プラバスタチンナトリウム「NikP」(日医工)
  • プロバチン(メディサ新薬)→プラバスタチンNa「MED」(沢井製薬)
  • マイバスタン(東和薬品)→プラバスタチンNa「トーワ」
  • メバスタン(メルク製薬)→プラバスタチンNa塩「メルク」→プラバスタチンNa塩「KH」(マイラン)
  • メバスロリン(鶴原製薬)→プラバスタチンナトリウム「ツルハラ」
  • メバトルテ(大正薬品工業)→販売中止(経過措置満了:2019年3月31日)
  • メバリッチ(日新製薬)→プラバスタチンNa「NS」(日新製薬)
  • メバリリン(ケミックス)→プラバスタチンNa「CMX」
  • メバレクト(東菱薬品工業)※販売継続中(2020.10)
  • メバロカット→プラバピーク→プラバスタチンNa「杏林」(キョーリンリメディオ)
  • メバン(日医工)→プラバスタチンナトリウム「日医工」
  • リダックM(サンノーバ)→プラバスタチンNa「EE」→販売中止(経過措置満了:2020年3月31日)

※2005年7月に商標権抵触のため販売名変更(メバロカット→プラバピーク)

前述した通り、アルセチンを使用していたことがありますが、メバンやメバリッチも有名でしたね。

メバロチンやプラバスタチンに名前を似せているものもあれば、全く異なるものまで様々だね。

リポバスのGEブランド名

成分名:シンバスタチン

  • シロバスタチン(長生堂製薬)→販売中止
  • シンスタチン(陽進堂)→シンバスタチン「YD」
  • シンバスタチン OHARA(大原薬品工業)→シンバスタチン「オーハラ」
  • シンバメルク(メルク製薬)→シンバスタチン「マイラン」(マイラン製薬)
  • ラミアン(大正薬品工業)→シンバスタチン「あすか」(あすか製薬)
  • リポアウト(沢井製薬)→シンバスタチン「MED」
  • リポオフ(日医工)→シンバスタチン「日医工」
  • リポコバン(小林薬品工業)→シンバスタチン「NikP」(日医工ファーマ)
  • リポザート(大洋薬品工業)→シンバスタチン「武田テバ」(武田テバ)
  • リポダウン(メディサ新薬)→シンバスタチン「SW」
  • リポバトール(東洋ファルマー)→シンバスタチン「杏林」(キョーリンリメディオ)
  • リポブロック(東和薬品)→シンバスタチン「トーワ」
  • リポラM(サンノーバ)→シンバスタチン「EMEC」

リポザートって微妙にフィブラート感あるよね・・・。紛らわしい。

 

フィブラート系薬剤

スタチンがくれば次はフィブラートですね。

ベザトールSRのGEブランド名

ベザトールSRと併売されていたベザリップ(中外)は販売中止されています。
成分名:ベザフィブラート

  • アニベソールSR(全星薬品工業)→ベザフィブラート徐放錠「ZE」
  • ケンペラートSR(ニプロファーマ)→販売中止
  • ナトリスSR(前田薬品工業)→販売中止
  • ブシャールSR(陽進堂)→販売中止
  • ブナトールSR(ダイト)→販売中止
  • べザスターSR(東和薬品)→ベザフィブラート徐放錠「トーワ」
  • ベザセーフSR(大原薬品工業)→販売中止
  • ベザテートSR(沢井製薬)→ベザフィブラート徐放錠「サワイ」
  • ベザテリオSR(小林化工)→販売中止
  • ベザフィブレートSR(日医工)→ベザフィブラート徐放錠「日医工」
  • ベザルミンSR(佐藤薬品工業)→承認整理
  • ベザレックスSR(メディサ新薬)→ベザフィブラート徐放錠「AFP」
  • ベスタリットL(大洋薬品工業)→ベザフィブラート徐放錠「武田テバ」
  • ベトロールSR(日本薬品工業)→販売中止
  • ベファルラートSR(長生堂製薬)→ベザフィブラートSR「タナベ」→ベザフィブラート徐放錠「JG」
  • ベリアトールSR(鶴原製薬)→販売中止(経過措置満了:2010年3月31日)
  • ミデナールL(シオノケミカル)※販売継続中(2020.10)
  • モドビルSR(原沢製薬工業)→販売中止

べザスターSRとかベザテートSRを使ってたなあ。

ヒポセロールのGEブランド名

そもそも先発のヒポセロールカプセル(250mg/500mg)が販売中止になっています。
(クロフィブラートカプセル250mg「ツルハラ」のみが残っています)
成分名:クロフィブラート

  • ピノグラック(寿製薬)→販売中止

ピノグラックからヒポセロールもしくはクロフィブラートは想像つかんだろ・・・。

リポクリンのGEブランド名

クリノフィブラート製剤は先発のリポクリンを含めて全て販売中止になっています。
成分名:クリノフィブラート

  • クリーンファイブ(鶴原製薬)→販売中止
  • プリンメート(沢井製薬)→販売中止
  • リポフィブラート(大洋薬品工業)→販売中止

リポクリンもお亡くなりになってたんだ。。。

 

その他

他の機序の薬は全てその他としてまとめます。

エパデールのGEブランド名

成分名:イコサペント酸エチル

  • アテロバン(あすか製薬)→販売中止
  • アンサチュール(日医工)→イコサペント酸エチル「日医工」
  • イコペント(前田薬品工業)→イコサペント酸エチル「JG」(日本ジェネリック)
  • エナゼック(マルコ)
  • エパキャップソフト(東洋カプセル)→イコサペント酸エチル「杏林」(カプセル:東洋カプセル、粒状カプセル:キョーリンリメディオ)
  • エパフィール(扶桑薬品)→イコサペント酸エチル「フソー」
  • エパラ(日本臓器)→イコサペント酸エチル「日本臓器」
  • エパロース(共和薬品工業)※販売継続中(2020.10)
  • エパンド(メディサ新薬)→イコサペント酸エチル「サワイ」
  • エメラドール(京都薬品工業)→販売中止(経過措置満了日:2016年3月31日)
  • エルモダン(ニプロファーマ)→販売中止
  • クレスエパ(長生堂製薬)→イコサペント酸エチル「CH」
  • シスレコン(東和薬品)→イコサペント酸エチル「トーワ」
  • ソルミラン(森下仁丹)→イコサペント酸エチル「MJT」
  • ナサチーム(東菱薬品工業)→イコサペント酸エチル「TBP」
  • ノンソル(大洋薬品工業)→販売中止
  • ペオナール(塩野義生薬)→販売中止
  • メタパス(原沢製薬工業)→イコサペント酸エチル「Hp」
  • メルブラール(大正薬品工業)→販売中止(経過措置満了日:2019年3月31日)
  • ヤトリップ(陽進堂)→イコサペント酸エチル「YD」

エパデールのジェネリックってこんなにたくさんあったんだ・・・。

シンレスタール/ロレルコのGEブランド名

成分名:プロブコール

  • イエスタミン(長生堂製薬)→販売中止
  • エタクレート(帝国製薬)→販売中止
  • エパチコールP(高田製薬)→販売中止
  • クラフェデン(イセイ)→販売中止
  • コバクス(小林化工)→販売中止
  • サクベルコート(日医工)→プロブコール「日医工」
  • サスピドン(大興製薬)→販売中止
  • スイムタール(マルコ製薬)→販売中止
  • ダウンオイール(ニプロジェネファ)→販売中止
  • ピヨコール(陽進堂)→プロブコール「YD」
  • フッコラート(鶴原製薬)→プロブコール「ツルハラ」
  • プロスエード(沢井製薬)→プロブコール「サワイ」
  • プロブコリン(大洋薬品工業)→販売中止
  • プロブレタン(大正薬品)→販売中止
  • ライドラース(日新製薬)→販売中止
  • リポブコール(共和薬品工業)→販売中止
  • ロルスター(東和薬品)→プロブコール「トーワ」
  • ワニール(原沢製薬工業)→販売中止

プロブコールのジェネリックはかなり減ってますね。

コレキサミンのGEブランド名

成分名:ニコモール

  • アトミラート(イセイ)→販売中止
  • コトモール(寿製薬)→販売中止
  • ニコモリン(東洋カプセル)→販売中止
  • ヨウアモール(陽進堂)→販売中止

先発品のコレキサミンは販売継続されていますが、後発医薬品は全て販売中止となっています。

ハイゼットのGEブランド名

成分名:ガンマオリザノール

  • オリザール(三恵薬品)→販売中止
  • オルル(東和薬品)→ガンマオリザノール「トーワ」
  • ガンマージャスト(陽進堂)→販売中止
  • γ-パルトックスン(鶴原製薬)→ガンマオリザノール「ツルハラ」
  • ガンマリーザ(東洋ファルマー)→販売中止

MDSコーワのGEブランド名

成分名:デキストラン硫酸エステルナトリウム イオウ

  • デキスペペ(東邦新薬)→販売中止

先発品のMDSコーワは販売継続されていますが、後発医薬品は販売中止となっています。
にしても、デキスペペってすごい名前だな・・・。

エラスチームのGEブランド名

成分名:エラスターゼ

  • エリスモン(日医工)→販売中止
  • エルモナーゼ(東和薬品)※販売継続中(2020.10)
  • サワチーム(沢井製薬)→販売中止
  • チオスターゼ(長生堂製薬)→販売中止
  • トコベラーゼ(大洋薬品工業)→販売中止
  • ハンクチームE(エムジー)→販売中止
  • ミクローゼ(マルコ製薬)→販売中止

エラスターゼはまだ存在してるんですね・・・。(すいません)

ぺんぎん薬剤師の勉強法

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは大変です。使わない知識を留めておくには記憶力を必要としますし、日々の勉強のモチベーションを維持するのも大変です。

そのため、生活の一部のなかに新しい知識に触れることを取り入れ、習慣化することが大切になります。濃い知識を一気に取り入れるのではなく、薄い知識を毎日継続して取り入れるのです。それを積み重ねていくことで、自然と少しずつ自分の力として身についていきます。

そのための方法の一つとしてm3.comへの登録を提案します。

m3.comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。日々配信されるメールのタイトルを見るだけでも知識が身についていきます。
また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、そこに出てくる単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。皆さん、暇つぶしにスマホでyahoo!ニュースとかスマートニュースとかを見てる時間がありますよね?同じように暇つぶしにm3.comのアプリで医療ニュースを見るようになってください。

多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。

薬剤師用の掲示板もあるので様々な薬剤師の方々に質問、相談をしたり、情報共有を行うことも可能です。さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。毎日サイトにログインしたり動画を閲覧することでポイントをためてプレゼントをもらうこともできるので勉強にやる気を持つことができますし、確実に無理なく勉強を習慣づけるのに最適です。

登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。すでに登録している人も多いと思いますが、登録したまま利用していない方はまずはログインしてメルマガの閲覧を習慣化すること。これを知識を身につける第一歩にしてみてください。

m3.comはよく知ってるし、もっといろんなサイトに登録したり閲覧したりしているよ!って人も多いんじゃないかと思いますが、情報が散漫にんなっていませんか?まずは一つのサイトを隅から隅まで徹底的に活用してみることが大事ですよ。

最新情報をチェックしよう!

名称変更の最新記事8件